芸艸堂 店主の日記

明治24年京都にて創業、 現在日本で唯一の 手摺木版和装本の 出版社「芸艸堂(うんそうどう)」の 4代目当主が芸艸堂の木版にまつわる話、 旬の情報をお届けします。

加藤晃秀(かとうてるひで)木版画展のお知らせ

こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

11月の展示会や展覧会を順次お知らせします。

加藤晃秀 木版画展
版画集 京都物語~四季の彩り~出版記念
京都館 東京駅八重洲口正面すぐ 
H23年11月8日(火)から13(日) 
営業時間10:30~19:00(最終日は17時閉場)

京都館 加藤展


京都の四季折々の風景を独特の視線で捉え、国内外に幅広いファンをもつ画家、
加藤晃秀の代表作50点余をオールカラーで掲載した画集を刊行した出版記念
として木版画作品を京都館にて展示していただく事になりました。

はかなくも美しい京都の一瞬の風情を捉えた作品は伝統技術を継承する木版職人
によって越前手漉和紙に美しく摺上げられます。どうぞご高覧ください。

京都物語 No.33 千本鳥居 №36 錦秋東福寺 No20 天桜

芸艸堂(うんそうどう)が紹介されています。

こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

秋になり、書店には、“京都本が”多く並びます。
芸艸堂も色々な京都本に紹介されました。

エクラ『美味しい&愉しい 大人の京都』 (集英社)

雑誌『エクラ』に掲載された京都の情報を再編集されたものです。
紅葉を愛でて、美味しいものを食べて、アートに浸って、お土産もばっちり。
お値段も1,050円とお買い得ですよ。
エクラ『美味しい&愉しい 大人の京都』表紙
エクラ『美味しい&愉しい 大人の京都』本文


「美術の窓 11月号」 (生活の友社)

書評コーナーに、芸艸堂の新刊が紹介されています。

2011年11月美術の窓『吉祥の文様』書評 JPG1
2011年11月美術の窓『吉祥の文様』書評 JPG2

『吉祥の文様』、河原崎奨堂著、2,800円+税です。
この本は、明治から昭和の図案家達の仕事を紹介する近代図案コレクションシリーズ第19巻。
編集された図案は、宝船・松竹梅などの宝づくし文様、龍・鳳凰・獅子などの吉祥文様です。

吉祥図案表紙

吉祥図案2 吉祥図案3 吉祥図案4

河原崎奨堂(1899~1973)が伝統的な主題をモダンな色使いや構成で表現しました。
今の時期、これを見ていると、年賀状作りのインスピレーションが湧いてくるかも?


京都おみやげ大全 (光村推古書院)

芸艸堂のぽち袋やシールが紹介されています。
京都の老舗の定番土産から新定番のおみやげまで京都のお土産を大集合したムックです。
オールカラー、紹介店舗のMAP付で2100円とこちらもお買い得です。

京都お土産大全
京都お土産大全中身
京都お土産大全中身2

寺町美術祭り その2

こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

昨日は昼から雷まで鳴る大雨となり時代祭も日曜に順延となったり
天候には恵まれませんでしたが無事寺町美術祭りが終わりました。

普段芸艸堂は土曜、日曜はお店を閉めているのですが
休日しか来れない方々や普段お会いできない方々も来店いただき
アッという間の3日間でした。 本当にありがとうございました。

そして下御霊神社での無料鑑定会には
30人弱の方々が鑑定に来られ、福井県や徳島県からお越しいただいた方も
おられました。
鑑定には寺町通りに店をかまえる近代京都美術の「福丸太平堂」さん
茶道具・古美術の「坂井春明堂」・「三嶋」さん、書画掛け軸の「松本松栄堂」さん
の店主の方々がそれぞれの骨董品を鑑定していただきました。

画像 007 
10時の受付と同時にたくさんの方々が来店

寺町美術祭り鑑定会1

寺町美術祭り鑑定会2

昼からの同志社女子大学教授 山田邦和先生をお招きした
「寺町通りの魅力」「丁字屋町・乾山」寺町について
講演会も同じく30人弱の方々が来場されました。
普段寺町通りにいながらまだまだ知らない話を拝聴し、企画した事を忘れながら
講演を聞いてしまいました。(講演風景の写真を撮るのを忘れてしまいUPできず…)
ギャラリー
  • 第22回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第22回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第22回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第22回寺町美術祭り のお知らせ
  • 雨龍物語(あまりゅうものがたり)-ある伝説ー 鳥毛清 新刊のお知らせ
  • 雨龍物語(あまりゅうものがたり)-ある伝説ー 鳥毛清 新刊のお知らせ
  • 雨龍物語(あまりゅうものがたり)-ある伝説ー 鳥毛清 新刊のお知らせ
  • 雨龍物語(あまりゅうものがたり)-ある伝説ー 鳥毛清 新刊のお知らせ
  • 雨龍物語(あまりゅうものがたり)-ある伝説ー 鳥毛清 新刊のお知らせ