芸艸堂 店主の日記

明治24年京都にて創業、 現在日本で唯一の 手摺木版和装本の 出版社「芸艸堂(うんそうどう)」の 4代目当主が芸艸堂の木版にまつわる話、 旬の情報をお届けします。

「現代に伝わる板木」展 立命館大学アートリサーチセンター

こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

文部科学省グローバルCOEプログラム「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」
拠点(立命館大学)・日本文化研究班では、奈良大学文学部教授永井一彰教授との
共同研究において、板木資料の情報共有化をめざし、奈良大学所蔵板木約5,000点
のデジタルアーカイブ構築と公開をされています。
そこから板木とはどのようなものか、板木から何が分かるのかを問う展覧会をされています。

「現代に伝わる板木」展
2012年1月23日(月)~2月10日(金)
立命館大学アート・リサーチセンター1F 展示室
入場料 無料

0123_hangi_A4-thumb-180x254-3035[1]


今回の展覧会では芸艸堂からも伝承する版木(帝都雅景一覧)が資料展示される事になりました。

画像 005
版木蔵から版本の版木を確認
画像 009
必要な版木をいったん外に出し、何束あるか確認中

セレクトショップ京 ×(かける)プロジェクト

こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

展覧会のお知らせに続き展示会のお知らせです。

セレクトショップ「京」×(かける)プロジェクト
2012年1月~

『セレクトショップ京』と作り手さんや業者さん、そしていろんなジャンルのショップさんなどと
のコラボレーションで、毎月の展示を行うプロジェクトが始まります。

毎月開催させて頂いている「展示会」という一過性のものではなく、点数は少ないながらも1年12か月
という長いスパンで月替わりの展示をする事により、より多角的により深く、そしてより身近に
“×(かける)”相手の魅力を感じて頂ける展示会とはまた少し違った視点で、『京』に来る楽しみを
ご提案して頂きました。

20120107131832_00001.jpg20120107131853_00001.jpg


芸艸堂からは、毎月 木版本を出展いたします。
今でも、版木蔵に長く伝えられてきた版木を用い、古くから伝統技術を受け継ぐ職人たちが漉いた紙に、
江戸時代以来続いてきた木版刷り技術で摺師が一枚一枚手で刷ったものを和綴製本に仕上げています。
和紙の軽く柔らかな風合いと、顔料絵の具の色合いそのものを生かす木版の美しい色彩、和綴じによる
丁寧な製本は和製アーティストブックともいえるものです。百年以上もの長いあいだ受け継がれてきた
これらの書籍をぜひ、手にとってお楽しみください。

1月 北斎絵手本集成
2月 花づくし
3月 源氏模様
4月 光琳画譜


来京ご予定のお客様は是非一度お立ちより下さい。

セレクトショップ京

〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り 644番地2
ハイアットリージェンシー京都 ロビー内
営業時間 8:30~18:00

木版画「東海道名所膝栗毛画帖」

新年明けましておめでとうございます。
芸艸堂(うんそうどう)は今日から仕事始めです。
本年も宜しくお願いいたします。

今年も色々な展示会に出品、資料提供が企画されてきます。
早速ですが、1月の展覧会のお知らせです。

木版画「東海道名所膝栗毛画帖」
~弥次さん・喜多さんの旅~
江東区深川江戸資料館 特別展  2012年1月28日(土)~2月12日(日)
休館日:第2・4月曜日 各日9:30~17:00(ご入場は16:30まで)

資料提供:芸艸堂 資料提供・企画協力:木版本源氏物語絵巻復刻刊行会

20120105111752_00001


木版画「東海道名所膝栗毛画帖」(全60点)は十返舎一九の「東海道膝栗毛」
歌川広重「東海道五十三次」などを元に大正期に創作した版本で芸艸堂が
当時発行していました。
今回その全図と貴重な当時の版木や順序摺りを展示いたします。
また木版摺りの実演も行います。
2月4日(土)5日(日)13:00~14:00、15:00~16:00
摺師:伊藤達也(浮世絵木版画彫摺技術保存協会員)

日本が誇る木版技術の魅力に触れていただければ幸いです。
ぜひご来館くださいませ。
ギャラリー
  • 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」森アーツセンターギャラリーにて始まりました。 
  • 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」森アーツセンターギャラリーにて始まりました。 
  • 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」森アーツセンターギャラリーにて始まりました。 
  • 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」森アーツセンターギャラリーにて始まりました。 
  • 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」森アーツセンターギャラリーにて始まりました。 
  • パリ市立チェルヌスキ美術館、装飾美術館へ行きました
  • パリ市立チェルヌスキ美術館、装飾美術館へ行きました
  • パリ市立チェルヌスキ美術館、装飾美術館へ行きました
  • パリ市立チェルヌスキ美術館、装飾美術館へ行きました