こんばんは 芸艸堂(うんそうどう)です。

先日、摺師さんを招いて芸艸堂2階で木版摺りの実演見学会をいたしました。
「麗し京都」という企画の一部で昨年から今年にかけて全6回企画していただきました。

お客様が来てくれるのかな?っと実は心配していたのですが、無事全6回全て催行され
ました。 ありがとうございました!

今回は、実際に木版画が摺られていく様子を摺り師の実演と
一般非公開の蔵の中を見学していただきました。

今回実演していただいた摺師は佐治敬造さん

京都に生まれ、15歳より京都の摺師、竹中三郎に従事。
その後、複数の師匠の下で修業を積む。
浮世絵版画から日本画の複製版画まで手掛けるスペシャリスト。

木版摺りの実演には佐治さんが昨年107年前の版木を用いて往年の如く摺り上げた海路
の版木を実際に使いその木版画が摺られていく様子を見学していただきました。

画像 3

摺りの実演では、佐治さんが、いとも簡単に次から次へと摺り上げていきます。

画像 5

ご参加いただいた方の中から、ご希望の方に実際に摺りの体験もしていただきました。

afeb57b5.jpg


後半は、江戸時代末期から現在までの古版木が保存されている
二階建ての版木蔵の見学です。

葛飾北斎、神坂雪佳、伊藤若冲、東山魁夷、竹内栖凰、上村松篁、竹久夢二、平山郁夫…
いずれも日本画の歴史を彩った絵師たちの版木ばかり。

蔵の天井に届くほど積み上げられた10万枚もの版木が所狭しと
保管されています。

木版の摺り工程を見学し、弊社の資料や版木蔵を見学していただき
様々な木版画出版を取り巻く現状を知り、ご参加いただいた皆様は、
何とも神妙な面持ちになりました。

お客様を招いて実演や版木蔵見学など私共も慣れない体験だったので
参加者の方々が満足していただいているのか心配の連続でしたが
最後は、1F店舗でお土産用の絵葉書やポチ袋、
ご自宅用に木版画など各自お買い物を楽しんでいただきました。

ありがとうございました。