こんにちは芸艸堂(うんそうどう)です。

梅雨も明け、今週から京都市内の祇園祭鉾町では鉾の組み立てがはじまり、交通規制がはじまりました。

街中を歩かれると、各お店で写真の札を見かけられませんか?
お神酒
各鉾町のお店がお神酒を寄付した時にいただいています。
(芸艸堂は今年町内会長の役も担当しているので町内と芸艸堂と2枚貼っています。)
祇園祭の維持・管理・運行には多くの費用がかかり、毎年各店舗や個人の方々の
寄付が運営の一部を担っています。

色々なお店が祇園祭関連の商品を並べられているので、観てまわられるのも楽しいかもしれませんね。

そして、芸艸堂からも祇園祭に関する、装飾品・工芸品を紹介する本を出版しています。
今の時期、京都の書店さんでは祇園祭コーナが作られ、色々な出版社の祇園祭関連本が
紹介されるのですが、これから紹介する本はサイズも大きくしかも重さが5Kg近い豪華本のため
取扱いが難しく書店ではおかれておりません…  なのでブログでご案内いたします。

祇園祭染織名品集
¥52500(本体¥50000)

祇園祭染色名品 表紙
昭和45年出版。貴重な文化財でもある「山鉾」に施された絢爛豪華な染織美術の秀作から、
京都の町衆たちが財を尽して海外から求めた秘蔵の胴掛け(鉾側面に飾られる織物)、
見送等(鉾の後ろに飾られる織物)、また宵山まで鉾町で展示される着物などを含む染織品を撮影。
また、本の表紙は各鉾を表す図を織物で制作。
祇園祭表紙祇園祭染色目品 中身3祇園祭染色名品 中身2祇園祭染色名品 中身1

祇園祭工芸名品集
¥52500(本体¥50000)
祇園祭工芸名品 表紙
貴重な文化財でもある「山鉾」に施された絢爛豪華な工芸美術。
天井画、彫刻、螺鈿、欄縁等、永年にわたり謎とされていた祇園祭の華麗な山鉾の工芸品を収録。
祭りでは目に触れない様々な工芸品の細部を紹介。
祇園祭工芸名品 中身1祇園祭工芸名品 中身2祇園祭工芸名品 中身3

当時、各鉾町の協力を得て一点一点撮影しました。その図版からは四十年前の状態を確認する事が
できる貴重な書籍です。
染織品・工芸品の図版と供に祇園祭の歴史も記し、単なる図版集に留まらない資料本としての内容
も兼ね備えています。

ご興味のある方は、ぜひ芸艸堂まで連絡してください。