こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

今日から始まる展覧会情報をお知らせします。

川西英コレクション収蔵記念展
    夢二とともに
京都国立近代美術館 11月11日(金)~ 12月25日(日)

これまでまったく未公開だった竹久夢二の肉筆画の紹介に加え、多数の夢二作品が含まれた
<川西英コレクション>をとおして、"新たな夢二像"を探る展覧会です。
神戸で活躍した版画家・川西英が集め続けた作品・資料の1000余点から初公開となる作品が含まれる
竹久夢二の肉筆画6点をはじめ、《セノオ楽譜》の表紙絵、《どんたく絵本》といったほぼすべての
装丁本や、同時代の版画家や画家たちの代表作、そして富本憲吉やバーナード・リーチら工芸作家の
版画などの貴重な作品が展示されています。
ぜひ会場にてご覧くださいませ。

夢二展1
夢二展2
029.jpg

こちらの写真は記者発表の際に展示された未公開の肉筆画です。

今回展示される作品の中に夢二がデザインした便箋・封筒などを貼り交ぜした千代紙が展示されています。
実はその便箋や封筒を当時木版摺りで制作していたのは芸艸堂です。
販売は「柳や」さんや「京つくしや」さんが販売されていたので芸艸堂の名前はどこにも出で来ませんが
弊社の版木蔵から加工前の刷り本が出てきたことから判明しました。
遠からずご縁がある今回の展覧会に芸艸堂も便箋や封筒から新たに制作した一筆箋書籍を美術館1F常設売店にて取り扱っていただいております。
そちらもぜひのぞいてみてくださいませ。