こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

明日から始まる展覧会のご案内です。

大山崎山荘をつくった加賀正太郎の情熱
蘭にみた、夢 蘭花譜の誕生
A Story of Rankafu Japanese Woodblock Prints of Orchid
Passion of Shotaro kaga
アサヒビール 大山崎山荘美術館  2012年3月3日(土)~5月27日(日)
開館時間/午前10時~午後5時 月曜日は休館

『蘭花譜』とは、大山崎山荘を建設した加賀正太郎が、自ら育てた蘭をモチーフに
1946年に監修・制作した植物図譜です。
今回の展示では過去最大規模『蘭花譜』が展示され、蘭栽培にかけた加賀氏の情熱と
人々の交流を紹介した展覧会です。
 加賀氏は、イギリスの王立植物園キューガーデンで初めて蘭を見て感銘を受け、
大山崎山荘に温室をつくり、蘭を育成しました。大山崎山荘では、日本における
蘭栽培の黎明期である大正から昭和の約30年間に1140種と1万鉢近い蘭が育成されました。

 加賀氏が情熱をそそいでつくった『蘭花譜』は、木版画83点、カラー図版14点、
単色写真図版7点の104点で構成されています。なかでも木版画は、西欧で多く出
された石版画の植物図譜と異なり浮世絵の技術を採用しており、美しい色彩や技法は
美術的、学術的にも優れた資料として評価を受けています。

芸艸堂は1946年の木版摺り蘭花譜の事業を受け、当時の名摺師達が摺り上げていました。
近年芸艸堂の版木蔵から蘭花譜の版木12点が発見され平成の再摺り事業にも関わる事ができました。
今回の展示では芸艸堂で保管する版木や平成の再摺りの際に制作した摺り工程がわかる順序摺り、
手書きの校正も展示されています。合わせてご覧いただくことで蘭栽培と『蘭花譜』制作にかけた
加賀氏の情熱を感じるのではないでしょうか。ぜひご来館下さいませ。

20120224090707_00001 - コピー
20120224090707_00001.jpg