こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)です。

4月は展示会・展覧会が目白押しです。
来週8日から始まる展覧会のお知らせです

光琳を慕う
中村芳中 千葉市美術館
2014年4月8日(火) ~5月11日(日)

中村芳中(?~1819)は江戸時代後期に大坂を中心に活動しました。最初は文人画風の山水や指頭画を描きますが、
尾形光琳の画に傾倒し、たらし込みを駆使した作品を描くようになります。江戸へ下った芳中は享和二年(1802)
光琳画譜』を出版します。江戸琳派の祖として近年人気の高い酒井抱一が琳派風の作品を描き始めるのとほぼ同時期のことでした。
その後芳中は大坂へ戻り、ぽってりしたかたちのほほえましい作品を多く残しました。
 
この度は芳中の世界に多角的に迫る展示を目指し、尾形光琳から中村芳中に至る琳派の画家、当時の大坂画壇の作品も併せて展示されます。 
プレスリリースより

中村芳中展 千葉

芸艸堂には「光琳画譜」の伝承版木を所有し、現在もその版木から「光琳画譜」を再版しております。
ミュージアムショップには木版本「光琳画譜」を含む芳中関連品も並びますのでこちらもぜひお立ち寄り下さいませ。

展覧会図録の制作も担当させていただきました。こちらは書店・展覧会同時発売です。

中村芳中図録中村芳中中身②中村芳中中身③中村芳中中身①