こんにちは、芸艸堂(うんそうどう)

明後日から始まる展覧会のお知らせです。

生誕130年
ベル・エポックを生きた夢二とロートレック
竹久夢二展 
京都高島屋グランドホール7F
2014年8月27日(水) ~9月8日(月)

大正ロマンを代表する詩人画家・竹久夢二(1884~1934)の生誕130年を記念し、
新たな視点からその芸術と生涯を振り返ります。独特の情感をたたえた美人画で
一世を風靡した夢二ですが、雑誌の表紙や広告から日用品まで幅広くデザインを
手がけ、商業美術や出版の世界でも卓越した存在でした。その姿は、19世紀末の
パリで活躍したアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864~1901)に重なります。
ともに画壇に属さず、時代の先端を読み取る感性を持ち、版画やポスターを独立
したジャンルにまで高めた2人は、ベル・エポック(良き時代)を象徴する芸術家と
いえるでしょう。本展では、夢二とロートレック、また東西のベル・エポックに共通
するロマンチシズムに着目し、対比を試みました。初期から晩年までの代表作を
はじめ、ゆかりの作家の作品や資料など約200点を通して、古き日本への郷愁と
西洋への憧れがとけあった夢二の世界をあらためてご紹介します。 HPより

夢二展2014
夢二展2014裏

ショップには芸艸堂の夢二関連品も並びます。こちらもぜひお立ち寄り下さいませ。