こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

浮世絵関連の展覧会をお知らせします。

招き猫亭コレクション 猫まみれ展
尾道市立美術館 3月18日(土)~5月7日(日)
猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンランなど
西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ
ら近現代美術の巨匠たちが描いた猫など、多彩な猫作品約240点が展示されます。

生誕220年 広重展
鹿児島市立美術館 3月24日(金) ~ 5月7日(日)

今年生誕220年を迎える歌川広重は、独特な構図の風景描写を得意とし、昔も今も
多くの人々に愛され続けています。
主要な風景版画作品合わせて約150点が展示されます。

鹿児島市美術館 広重展


芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
美術館「えき」KYOTO 4月1日(土)~23日(日)

月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと急激に変遷する時代に活躍した浮世絵師です。
浮世絵の需要が失われつつあった当時において最も大成した絵師であることから、
「最後の浮世絵師」と称され人々を魅了し続けています。
本展は、芳年の初期から晩年に至るまでの代表作を網羅した回顧展です。

えき 芳年

各展覧会場のミュージアムショップに芸艸堂関連品をお取扱い頂く予定です。
こちらもぜひお立ち寄りくださいませ。


デザイン・アート ブログランキングへ