こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

6月の展覧会情報をお知らせします。

生誕150年
横山大観展 
京都国立近代美術館 6月8日(金)~ 7月22日(日)
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念した回顧展です。
《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や《夜桜》《紅葉》
(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品
や習作などの資料があわせて展示します。

近美 大観展

江戸のなぞなぞ 判じ絵
細見美術館 6月9日(土)~ 8月19日(日)
〈判じ絵〉とは、「絵」を判じて(解く、推理する)答えを導き出す遊びで、
江戸時代に広く庶民に流行した“ 絵で見るなぞなぞ”です。
蛇足庵のコレクションより、選りすぐりの作品約100点が紹介されます。
ユーモアとセンスや機転をフル稼働させて、江戸のなぞなぞをお楽しみください。

細見 判じ絵展

若冲と光瑤
伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界
石川県立美術館 6月23日(土) ~7月22日(日)
伊藤若冲(1716~1800)と石崎光瑤(1884~1947)。二人に共通するのは花鳥画の
革新者、イノベーターとしての絵画世界です。
近世と近代を代表する二人の絵画世界をご覧下さい。

若冲と光瑶

各展覧会場のSHOPには芸艸堂の木版画・和雑貨が並びます。ぜひお立ち寄り下さい。


デザイン・アート ブログランキングへ