こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

旅のおともメディア「さんち」。
芸艸堂の取り組みを紹介いただきました。

「北斎漫画」を蘇らせた究極の美術印刷。
木版手摺による和装本を守る京都の版元へ

「100冊作ってちょうどいい」。

日本で唯一、手摺木版による和装本を出版する京都「芸艸堂(うんそうどう)」。

なぜ木版印刷を続けているのか、そこにどんな価値があるのでしょうか。

続きはこちらで>>さんち

スクリーンショット 2019-05-17 11.29.31




デザイン・アート ブログランキングへ