こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

展覧会と木版摺実演・体験のお知らせです。

ジャパニーズ プリント
−久保惣コレクションでたどる版の歴史−
  
6月23日(日)〜8月18日(日) 和泉久保惣記念美術館

奈良時代に制作された世界最古の印刷物といわれる「木造 百万塔」に収められた
陀羅尼経から、江戸時代の浮世絵版画や版本まで久保惣コレクションに収蔵される
木版や銅版による印刷物を歴史的な展開をおって展示されています。

平安時代の摺仏や、江戸時代初期の木活版本である嵯峨本、拓本の技法を応用した
伊藤若冲の拓版画、司馬江漢の銅版画など、多様な技法で制作された版画をご覧
いただけます。版本については、久保惣コレクションに加え、貝塚茂樹氏
(京都大学名誉教授)、佐々木剛三氏(早稲田大学名誉教授)の旧蔵書もあわせて
展示されます。

期間中の企画として7月27日(土)

浮世絵版画の摺師による実演と、木版摺の体験をしていただきます。
芸艸堂と佐藤木版工房の摺師:中山氏が参ります。
ぜひご参加下さいませ。

時間:7月27日(土)午後1時30分開始(約2時間)

定員:20名(当日先着順)参加費:500円(別途、入館料が必要)

北斎浪 版木
摺 実演①
摺 実演②
摺 実演③
 (画像はイメージです。)



デザイン・アート ブログランキングへ