芸艸堂 店主の日記

明治24年京都にて創業、 現在日本で唯一の 手摺木版和装本の 出版社「芸艸堂(うんそうどう)」の 4代目当主が芸艸堂の木版にまつわる話、 旬の情報をお届けします。

2019年09月

明治24(1891)年、美術書出版社として京都で創業。現在、日本唯一の手摺木版本を刊行する出版社です。
その木版摺、製本技術を活用して、明治~昭和初期にかけて刊行した多色摺り図案集のモチーフを
アレンジし、顔料を使った美しい発色、柔らかな和紙の手触りが特徴の木版商品や、文具、インテリアなどを
制作しています。

京都市への故郷納税返礼品に採用されました。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

御朱印帳・加藤晃秀木版画が京都市への故郷納税返礼品に採用されました。

ふるさとチョイス 
和綴じ製本の御朱印帳  
伝統的な日本の和綴じ製本で一冊ずつ経師(きょうし)の手作業によって作られた御朱印帳です。

故郷納税

加藤晃秀木版画「南禅寺紅葉」  

日本画家・加藤晃秀の描く古都の風景を忠実に再現した木版画

南禅寺紅葉
南禅寺紅葉版木 のコピー

ふるさと納税制度を通じて,伝統産業品や京野菜といった,長い年月をかけて
育まれてきた,京都の文化や伝統に触れていただければと思います。


デザイン・アート ブログランキングへ

若冲と京の美術展、にゃんとも猫だらけ展が始まります。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

展覧会のお知らせです。

若冲と京(みやこ)の美術
 -京都 細見コレクションの精華-
9月14日(土)~11月10日(日)  秋田県立近代美術館

細見コレクションの中から「京(みやこ)」をキーワードに、江戸中期を
代表する画家・伊藤若冲の作品を多数展示するほか、名所図や物語絵、蒔絵
茶陶・茶釜などを通して、日本美術の多彩な魅力が紹介されます。

若冲と京の美術

平木コレクション
にゃんとも猫だらけ
9月14日(土)~11月17日(日) 山口県立萩美術館・浦上記念館

公益財団法人平木浮世絵財団の浮世絵版画コレクションから、猫がテーマの作品を紹介。
江戸・東京の絵師たちが描い可愛らしい猫の姿をお楽しみください。

にゃんとも猫だらけ展

両ミュージアムショップには芸艸堂の関連品も並びます。
こちらもぜひお立ち寄り下さいませ。


デザイン・アート ブログランキングへ

伊藤若冲 若冲の花 カレンダー 2020 販売開始します。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

新商品のご案内です。

カレンダー 2020年版
伊藤若冲 若冲の花
京都信行寺に伝わる伊藤若冲が描いた百種類以上に及ぶ花々の天井絵(花卉天井図)。
それを収めた「若冲画譜」より季節の花を配したカレンダーができました。
サイズ:縦420ミリ×横200ミリ オールカラー
表紙共13枚組/月めくり壁掛けスタイル ¥1800(本体)

SKM_C36819082110100
SKM_C36819082110101
SKM_C36819082110110

全国大型書店・ミュージアムショップでもお取扱いいただきます。


デザイン・アート ブログランキングへ

ミュシャと日本 日本とオルリク展

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

展覧会のお知らせです。
ミュシャと日本 日本とオルリク
2020 日・チェコ交流100周年 
 
9月7日(土)~ 10月20日(日) 千葉市美術館

アルフォンス・ミュシャと、その艶麗なる女性像を受容し展開した白馬会や『明星』
そして「日本のミュシャ派」。浮世絵の技法を学ぶために憧れの日本にやって来た
エミール・オルリクと、その抒情的な作品に刺激された日本の版画家たち――。
チェコ出身のふたりのアーティストを軸に、‶ジャポニスム“のうねりを、グラフィック
を舞台に展開した東西の藝術交流をご覧いただけます。

ミュッシャと日本

芸艸堂から木版本『光琳画譜』と『古う里むもやう』が展示される事になりました。

19_0621_013
19_0621_022
ミュシャと日本展示品

こちらの展覧会は和歌山県立近代美術館など順次巡回予定です。


デザイン・アート ブログランキングへ
ギャラリー
  • 第23回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第23回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第23回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第23回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第23回寺町美術祭り のお知らせ
  • 第23回寺町美術祭り のお知らせ
  • マスキングテープに鍬形蕙斎の『鳥獣略画式』が登場
  • マスキングテープに鍬形蕙斎の『鳥獣略画式』が登場
  • マスキングテープに鍬形蕙斎の『鳥獣略画式』が登場