芸艸堂 店主の日記

明治24年京都にて創業、 現在日本で唯一の 手摺木版和装本の 出版社「芸艸堂(うんそうどう)」の 4代目当主が芸艸堂の木版にまつわる話、 旬の情報をお届けします。

展覧会・展示会情報

明治24(1891)年、美術書出版社として京都で創業。現在、日本唯一の手摺木版本を刊行する出版社です。
その木版摺、製本技術を活用して、明治~昭和初期にかけて刊行した多色摺り図案集のモチーフを
アレンジし、顔料を使った美しい発色、柔らかな和紙の手触りが特徴の木版商品や、文具、インテリアなどを
制作しています。

奇才―江戸絵画の冒険者たち―が山口県立美術館にて始まります。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

東京から山口へ巡回が始まりますよ。

特別展
奇才―江戸絵画の冒険者たち― 
7月7日(火)〜8月30日(日) 山口県立美術館 
伊藤若冲、長澤蘆雪、曾我蕭白、歌川国芳ら、過激で強烈な個性を放つ絵師に
とどまらず、従来の江戸絵画史において“主流派”として語られてきた、俵屋宗達
や尾形光琳、円山応挙らも新しい表現に挑み続けています。
北は北海道から南は九州まで、全国から30人強の奇才絵師を集め、その個性溢れる
作品を選りすぐり紹介する展覧会。
SHOPには芸艸堂の関連版画・書籍・和雑貨も並びます。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、
事前予約性となっておりますが、ぜひお立ち寄りくださいませ。

江戸の奇才展




デザイン・アート ブログランキングへ

「きもの KIMONO」展が東京国立博物館で始まります。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

開幕が延期されていた特別展が会期変更して
始まりますよ。

特別展
きもの KIMONO 
6月30日(火)~8月23日(日) 東京国立博物館 
日本の美意識を色と模様に表した「きもの」。本展では800年以上を生き抜き、
今なお新たなファッション・シーンを繰り広げる「きもの」を、現代を生きる
日本文化の象徴として展覧し、その過去・現在・未来を見つめる機会とします。

きもの展

SHOPには染色図案本を長らく発行している芸艸堂の関連書籍・和雑貨も並びます。

混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)が導入されています。
すべてのお客様はオンラインでの日時指定券の予約が必要です。
詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。


デザイン・アート ブログランキングへ

「奇才展」江戸東京博物館にて再開されます。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

緊急事態宣言が東京都でも解除されましたね。
明日から再開される展覧会のお知らせです。

特別展
奇才―江戸絵画の冒険者たち― 
6月02日(火)〜06月21日(日) 江戸東京博物館 
伊藤若冲、長澤蘆雪、曾我蕭白、歌川国芳ら、過激で強烈な個性を放つ絵師に
とどまらず、従来の江戸絵画史において“主流派”として語られてきた、俵屋宗達
や尾形光琳、円山応挙らも新しい表現に挑み続けています。
北は北海道から南は九州まで、全国から30人強の奇才絵師を集め、その個性溢れる
作品を選りすぐり紹介する展覧会。
SHOPには芸艸堂の関連版画・書籍・和雑貨も並びます。

2週間強の展示となりましたし、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、
入場者数を制限する可能性もございますが、ぜひお立ち寄りくださいませ。

奇才展
SHOP写真も届きました。
奇才展売り場③
奇才展売り場①
奇才展売り場②



デザイン・アート ブログランキングへ

「津田青楓と京都」が京都文化博物館で再開されます。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

臨時休館が続く美術館ですが、明日から再開される展覧会のお知らせです。

生誕140周年
津田青楓と京都 
5月19日(火)~ 6月14日(日)京都文化博物館 2階総合展示室

津田青楓は、1880(明治13)年、西川源兵衛とみよの次男として京都市上京区
(現中京区)に生まれました。生家は「華道去風流」の家元であり、実兄は
七世一草亭です。
本展では、多彩な活動と幅広い交流で知られる画家・津田青楓の作品・資料を、
京都での活動に焦点を合わせながらご紹介します。
東京でも好評だった展覧会が京都でも会期は短くなりましたが公開になって
本当に良かったです。

津田青楓と京都
IMG_1532
IMG_1536
IMG_1542
IMG_1548





デザイン・アート ブログランキングへ

祇園祭展が京都文化博物館で始まります。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

臨時休館が相次ぐ美術館ですが、開催される展覧会のお知らせです。

特別展
京都祇園祭 町衆の情熱・山鉾の風流
3月24日(火)~ 5月17日(日)京都文化博物館 

祇園祭 文博

祇園祭の源泉は、遠く千年以上前の平安時代中期にさかのぼり、都の安寧を脅かす
疫神の退散を願った祭儀に由来するとされています。
この展覧会は、祇園祭の山鉾に込められた人びとの思いがテーマとなっています。
日本を代表する祭りとして世界に認められた京都 祇園祭。その山鉾巡行の真髄は
華麗な装飾を体現させ受け継いできた人びとの心にあります。ここに結集した山鉾
の美の姿をご堪能下さい。

ショップには各鉾町の協力を得て一点一点撮影し、その図版から四十年前の状態を
確認する事ができる貴重な書籍「祇園祭染織名品集」が並びますのでぜひご覧くださ
いませ。
祇園祭染色名品集②
祇園祭染色名品集③



デザイン・アート ブログランキングへ
ギャラリー
  • 下村玉廣「むかしはなし」が室町酒造さまのラベルになりました。
  • 下村玉廣「むかしはなし」が室町酒造さまのラベルになりました。
  • 下村玉廣「むかしはなし」が室町酒造さまのラベルになりました。
  • 下村玉廣「むかしはなし」が室町酒造さまのラベルになりました。
  • 貝葉書院さま 不動明王図の復刻 
  • 貝葉書院さま 不動明王図の復刻 
  • 貝葉書院さま 不動明王図の復刻 
  • 貝葉書院さま 不動明王図の復刻 
  • 貝葉書院さま 不動明王図の復刻