芸艸堂 店主の日記

明治24年京都にて創業、 現在日本で唯一の 手摺木版和装本の 出版社「芸艸堂(うんそうどう)」の 4代目当主が芸艸堂の木版にまつわる話、 旬の情報をお届けします。

展覧会・展示会情報

琳派 山種美術館 5月の展覧会情報

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

5月の芸艸堂も関わる展覧会情報です。

琳派 俵屋宗達から田中一光へ
山種美術館 5月12日 (土)~7月8日 (日)

2018(平成30)年は、江戸へ琳派を根付かせた酒井抱一(1761-1828)
の没後190年、およびその弟子である鈴木其一(1796-1858)の没後160年
にあたります。これを記念し、俵屋宗達・尾形光琳・抱一を中心に花開き
近代・現代の日本画家やデザイナーに受け継がれた琳派の伝統をたどる
特別展が開催されます。

SKM_C36818050816340

芸艸堂からは神坂雪佳の木版本「百々世草」を展示いただく事になりました。
またSHOPには芸艸堂の関連品が並びます。
カフェには展示品とコラボした和菓子も販売されています。
弊社からは神坂雪佳「八つ橋」が採用されました。

山種美術館八つ橋和菓子

ぜひお立ち寄り下さい。


デザイン・アート ブログランキングへ

全国各地で浮世絵展が始まります。4月の展覧会情報その②

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

4月の展覧会情報をお知らせします。その②
全国各地で浮世絵展が始まりますよ。

江戸の戯画展 鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで
大阪市立美術館 4月17日(火)~6月10日(日)
「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画が紹介されます。
そこに描かれる人物は、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長い
という特徴を持ち、その名は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられてきた
鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)に由来するものとされます。
歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点も揃います!(前期のみ)。
笑いを文化として発展させてきた大阪の地で、多彩な笑いの世界をご覧下さい。

江戸の戯画 大阪市立美術館

浮世絵十人絵師展
四日市市博物館 4月21日(土)~ 6月3日(日)
錦絵が誕生した江戸時代中期から爛熟の黄金期を経て、幕末の隆盛期までの
全時代に焦点を当て、江戸文化の象徴として時代を牽引してきた人気の
浮世絵師十人が紹介されます。

浮世絵十人絵師展 四日市市立博物館

北斎の富士 富嶽三十六景と富嶽百景
秋田県立近代美術館 4月21日(土)~6月17日(日)
美術館のリニューアルオープンを記念して、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と
「富嶽百景」を一堂が紹介されます。

北斎の富士 秋田県立近代美術館

ねこがいっぱい ねこアート展
エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで
ひろしま美術館 4月21日(土)~ 6月24日(日)
世界中で描き、かたちづくられてきた猫の絵画や彫刻を展示し、東西における
表象の違いや、人々の暮らしの中でみせる猫の様相、歌川国芳やフジタら
愛猫家たちによって鋭い観察力で捉えられた姿など、猫の美術の歴史を辿り
ながら、その限りない魅力に迫ります。

cat_chirashiA4[1]

ボストン美術館浮世絵名品展
鈴木春信

あべのハルカス美術館 4月24日(火)~6月24日(日)
希少な浮世絵を多数所蔵していることで名高いボストン美術館。中でも
錦絵創始期の第一人者として知られる春信のコレクションは世界最高と
称されています。本展では、選りすぐりの作品により春信の神髄をご覧
いただけます。また、周辺の浮世絵師たちのコーナーを設け、春信を生
み出した時代の気風を浮かび上がらせます。

5月3日(木・祝)①13時~ ②15時~ 多色摺り木版画実演と講演を
行います!摺師:中山誠人(佐藤木版画工房・芸艸堂)定員各回60名


鈴木晴信 あべのハルカス

各展覧会場のSHOPには芸艸堂の木版画・和雑貨が並びます。ぜひお立ち寄り下さい。


デザイン・アート ブログランキングへ

江戸の遊び絵展・上村松園展・若冲と京の美術展 4月の展覧会情報 その①

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

4月の展覧会情報をお知らせします。

江戸の遊び絵づくし
富山水墨美術館 4月6日 (金)~5月13日 (日)

江戸の絵師や版元が工夫をこらして手がけ、機知に富んだ 「遊び絵」の世界を、
謎解き、隠し絵、文字絵、身振絵、影絵など、7つの章で紹介されます。
浮世絵の美に江戸の洒落が加わり、好奇心と想像力が刺激される遊び絵を、
ご家族皆さんでお楽しみください。HPより

上村松園展 水野美術館 
4月14日(土)~ 5月27日(日)
江戸や明治の古き良き日本の風俗、着物・髷といった女性の装い、謡曲や能と
いった古典など、松園特有の"美"へ対するまなざしに焦点をあてます。
信州で初となる回顧展。下絵・素描を含め、初期から晩年の約80点が展示されます。

上村松園 水野美術館

若冲と京の美術展 
ふくやま美術館 4月14日(土)~6月10日(日)
細見コレクションの中から、若冲の最初期の作品《雪中雄鶏図》と《糸瓜群虫図》
をはじめとする15点を紹介するほか、本阿弥光悦や俵屋宗達の色紙、断簡、
重文の《明恵上人仮名消息(井上尼宛)》、重文《山王霊験記絵巻》、重文
《芦屋霰地楓鹿図真形釜》など約90点が展示されます。

若冲 福山美術館

各展覧会場のSHOPには芸艸堂の木版画・和雑貨が並びます。ぜひお立ち寄り下さい。


デザイン・アート ブログランキングへ

ジュンク堂池袋店にて芸艸堂フェア開催中

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

書店さんでのフェア情報をお知らせします。

芸艸堂フェア
近代図案コレクション
~発見!隠れたデザイナーたち

ジュンク堂池袋店 3月23日(金)~4月25日(水)9階芸術書コーナー

近代図案コレクション全19巻を平置きされ、花卉天井画額装、玄圃瑶華
むかしはなし・大津絵のシート・グッズも販売します。ぜひお立ち寄りくださいませ。

池袋ジュンク1
池袋ジュンク



デザイン・アート ブログランキングへ

抱一の花・其一の鳥展が細見美術館で、明治150年展が京都国立近代美術館にて始まります。

こんにちは 芸艸堂(うんそうどう)です。

3月の展覧会情報をお知らせします。

開館20周年Ⅱ 抱一の花・其一の鳥
細見美術館 3月3日(土)~4月15日(日)

開館以来毎年恒例の琳派展の20回目を兼ね、細見琳派の中から江戸琳派の花鳥画を展覧。
開館20周年を記念して、抱一・其一の代表作をはじめ、細見美術館ならではの贅沢な
ラインナップで江戸琳派の魅力をご覧ください。

琳派展20 細見美術館

明治150年 明治の日本画と工芸
京都国立近代美術館 3月20日(火)~5月20日(日)

明治時代、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での
日本美術への関心が高まりました。
京都では、地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの
日本画家が工芸図案制作に携わることで、時代に即した図案の研究が進められました。
本展では、明治の工芸図案とともに、美術工芸作品や工芸図案を描いた日本画家たちの
作品を一堂に展示することで、近代化していく社会の中で生み出された明治の美術品を
紹介されます。

明治150年

各展覧会場のSHOPには芸艸堂和雑貨が並びます。ぜひお立ち寄り下さい。


デザイン・アート ブログランキングへ
ギャラリー
  • 手仕事店 2F画廊で開催中
  • 手仕事店 2F画廊で開催中
  • 手仕事店 2F画廊で開催中
  • 広重「猫」の がま口
  • 広重「猫」の がま口
  • 広重「猫」の がま口
  • 加藤晃秀 木版画 新作「蒼月」完成
  • 加藤晃秀 木版画 新作「蒼月」完成
  • 加藤晃秀 木版画 新作「蒼月」完成